カップヌードルミュージアム 横浜

カップヌードルミュージアム 横浜

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、さらに世界中で愛されているカップヌードルの開発者でもある日清食品創業者・安藤百福(あんどうももふく)の発明記念館。「チキンラーメン」や「カップヌードル」を手作りするファクトリーも備えたのがカップヌードルミュージアム 横浜で、海外からの見学者も多いのが特徴。

まずは「チキンラーメン」、「カップヌードル」の歴史を学ぶ

カップヌードルミュージアム 横浜

みなとみらい地区に建っています

カップヌードルミュージアム 横浜

インスタントラーメン ヒストリーキューブ

第二次大戦後の混乱の時代に、自邸の裏庭に建てた小屋でインスタントラーメンの研究を開始した安藤百福。
開発研究に1年を掛けて取り組み、ついに昭和33年8月25日、世界に先駆けてチキンラーメンを発売。
どんぶりに入れて湯を注ぐだけでラーメンができる「魔法のラーメン」は大人気商品に。
さらに昭和41年のアメリカ視察で、スーパーマーケットのバイヤーがチキンラーメンを二つ折りにして紙コップに入れ、フォークで食べるのを見て、カップラーメンの開発に乗り出し、昭和46年9月18日に世界初のカップ麺「カップヌードル」を発売します。

そんな安藤百福の情熱と日清食品の歴史は、全長58mの安藤百福ヒストリーのコーナーで紹介しています。
「チキンラーメン」が誕生した当時の研究小屋を忠実に再現した「百福の研究小屋」、安藤百福の偉業をわかりやすくアニメで解説する「百福シアター」、懐かしいラーメンのパッケージが並ぶ「インスタントラーメン ヒストリーキューブ」など、歴史解説コーナーも充実。

オリジナルのチキンラーメン、カップヌードルを作る工房が大人気

カップヌードルミュージアム 横浜

チキンラーメンファクトリー

カップヌードルミュージアム 横浜

ミュージアムショップ

小麦粉をこね、のばし、蒸したあとに味付けをし、「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を楽しむ「チキンラーメンファクトリー」、オリジナル「カップヌードル」を作るマイカップヌードルファクトリーは予約が必要(予約状況は公式HPに表示されています)。
製麺から出荷されるまでの生産工程を、自分自身が麺となっって体感できるアスレチック施設「カップヌードルパーク」もファミリーに人気です。

またミュージアムショップでは、「カップヌードルミュージアム」のオリジナルグッズや、インスタントラーメンにまつわるグッズなどを販売。
オリジナルグッズも豊富です。

カップヌードルミュージアム 横浜 DATA

名称 カップヌードルミュージアム 横浜/かっぷぬーどるみゅーじあむよこはま
Cupnoodles Museum Yokohama
所在地 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
関連HP カップヌードルミュージアム公式ホームページ
電車・バスで みなとみらい線みなとみらい駅・馬車道駅から徒歩8分。JR桜木町駅から徒歩12分
ドライブで 首都高速神奈川1号横羽線みなとみらいICから約1.3km
駐車場 40台/入館チケット提示で最初の1時間は無料、以降は有料
問い合わせ TEL:045-345-0918
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

カップヌードルミュージアム 横浜

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!