鋸山ロープウェー

東京湾上や三浦半島側から眺めると、その名の通り、のこぎりが横たわったように見えるアルペン的な山並みが、鋸山(のこぎりやま)。標高329.5mの凝灰岩の山で、山頂部には房州石を切り出した石切場の跡があります。この鋸山の山麓・浜金谷駅と鋸山山頂駅(標高262m)を結んでいるのが、京成グループの鋸山ロープウェー。
 

山頂駅には展望食堂や「石切資料コーナー」が

山麓の浜金谷駅

山麓の浜金谷駅

乗車券はなんと硬券!

乗車券はなんと硬券!

ガイドさんも同乗します

ガイドさんも同乗します

乗車直後から、浜金谷の町がみるみるうちに遠ざかっていき、楽しい空中散歩が楽しめる。終点の鋸山山頂駅から徒歩5分で、日本寺西口管理所。通常は15分間隔に運転し、高低差223m、全長680mを4分で結んでいます。山頂駅には「晴れた日には伊豆諸島を眺望する」という山頂展望食堂を併設し、地元の海藻を使用する「かじめラーメン」などが味わえます。
「石切資料コーナー」では、建築用石材を切り出していた時代の道具などを展示しています。

山頂展望食堂

山頂展望食堂

石切資料コーナー

石切資料コーナー

山頂駅徒歩1分で山頂展望台

開業50周年を迎えた2012年12月にスイスのCWA社製新型ゴンドラを導入。山頂駅展望台には房州石のポストが設置され、ここで郵便を投函すると金谷郵便局で「ロープウェー、地獄のぞきと金谷港が描かれた風景日付印」を押印して配送される仕組み。
このポスト、富津市出身の彫刻家・榎本恵花(えのもとあやか)さんが金谷小学校の児童、金谷の人々の協力を得ながら手作業で制作したもの。金谷港にある恋人の聖地 「石のまち金谷」のモニュメント(幸せの鐘)とロープ(鋸山ロープウェー)で「縁結び」された位置関係になっています(東京湾フェリー金谷港フェリーターミナルへは山麓・浜金谷駅から徒歩12分)。

房州石のポスト

房州石のポスト

南側(鋸南町側)の眺め

南側(鋸南町側)の眺め

富津・東京湾側の眺め

富津・東京湾側の眺め

山頂駅を起点とした絶景ハイキングルート

ロープウェイ山頂駅・山頂展望台→十州一覧台→百尺観音→ロープウェイ山頂駅=所要40分
ロープウェイ山頂駅・山頂展望台→百尺観音→地獄のぞき→ロープウェイ山頂駅=所要40分
ロープウェイ山頂駅・山頂展望台→百尺観音→地獄のぞき→千五百羅漢→ロープウェイ山頂駅=所要1時間
ロープウェイ山頂駅・山頂展望台→百尺観音→地獄のぞき→千五百羅漢→日本寺・大仏→大仏前参道→ロープウェイ山頂駅=所要1時間30分

山頂展望台眺望PhotoMap

山頂展望台眺望PhotoMap

 

鋸山ロープウェー DATA

名称 鋸山ロープウェー/のこぎりやまろーぷうぇー
所在地 千葉県富津市金谷4052-1
公式HP http://www.mt-nokogiri.co.jp/
電車・バスで JR浜金谷駅から徒歩8分
ドライブで 富津館山道路富津金谷ICから約2.9km(6分)。東京湾フェリー金谷港から5分
駐車場 130台/無料
問い合わせ TEL:0439-69-2314/FAX:0439-69-2314

取材協力/東京湾フェリー・鋸山ロープウェー

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!