城ヶ島灯台

城ヶ島灯台

三浦半島の最南端、三崎港と城ヶ島大橋で結ばれる城ヶ島の西の高台に建つのが、城ヶ島灯台。日本で5番目に点灯した西洋式灯台で、初代の灯台は、フランス人技師ヴェルニーの設計で、明治3年初点灯。現在の灯台は昭和2年の再建で、灯高11.5m。内部の見学はできませんが、標高30mほどの高台に建つので基部からの眺めも抜群。

現在の灯台は昭和2年再建の2代目

城ヶ島灯台

灯内の急な階段(特別公開時に撮影)

城ヶ島灯台

灯火部分のレンズ(特別公開時に撮影)

城ヶ島沖は海の難所で、慶安元年(1648年)、初代の三崎奉行・安部次郎兵衛が着任早々に徳川幕府の命で島の東端・安房崎にかがり火を焚く烽火台を設けています。
延宝6年(1678年)にこれを廃して、現在の灯台の建つ島の西端に灯明台を設置。
享保6年(1721年)、三崎代官・河原清兵衛が再度、烽火台に変更し、明治3年の洋式灯台完成までかがり火が焚かれ続けたのです。

初代の灯台を建設したヴェルニーは当時、横須賀製鉄所の首長として招かれ、横須賀製鉄所、横須賀造兵廠、横須賀海軍施設ドックなどを建設。
東京周辺で4ヶ所の灯台(観音埼灯台、野島埼灯台、品川灯台、城ヶ島灯台)建設にも関わっています。

城ヶ島灯台も、横須賀製鉄所のレンガを使って、観音埼灯台(1869年2月)、野島埼灯台(1869年12月)、品川灯台(1870年3月)、樫野埼灯台(1870年6月)に次いで日本で5番目に点灯した西洋式灯台でしたが、関東大震災で崩壊。
2代目の灯台の建つ一帯は城ヶ島灯台公園として整備され、山崎溥之作の「海への祈り」像などがあります。

三浦半島南端に位置する城ヶ島は、三崎(みさき)市街と城ヶ島大橋で結ばれています。
城ヶ島バス停を起点に島を一周する全長4kmのハイキングコースも設定され、発達した海食崖、美しい岩礁を眺めるシーサイドハイクが楽しめます。

城ヶ島灯台 DATA

名称 城ヶ島灯台/じょうがしまとうだい
所在地 神奈川県三浦市三崎町城ケ島
関連HP 三浦市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 京浜急行線三崎口駅から京浜急行バス城ヶ島行きで27分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 横浜横須賀道路衣笠ICから約16km
駐車場 城ヶ島第3駐車場(92台)・城ヶ島第2駐車場(15台)・城ヶ島第1駐車場(22台)/有料
問い合わせ 三浦市観光協会 TEL:046-888-0588/FAX:046-888-5914
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

馬の背洞門

2019.03.02

剱埼灯台

2019.03.02

城ヶ島灯台

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!