【除夜の鐘&初詣】心海寺(品川区)

品川区にある真宗大谷派の心海寺(しんかいじ)。徳川家康の家臣で、三河国佐々木出身(現・愛知県岡崎市)の本多忠峯が、豊臣秀吉の小田原攻め際に手傷を負って出家して創建した寺。本尊の木造阿弥陀如来立像は鎌倉時代(13世紀頃)に京で制作されたもので、品川区の有形文化財になっています。

除夜の鐘は列がなくなるまで撞くことができます

除夜の鐘は先着順で全員撞くことができます(志納)。「0:00前から撞き始め、列がなくなり次第に終了し、門を閉めさせていただきます」(心海寺)とのこと。

【除夜の鐘&初詣】心海寺(品川区) DATA

所在地 東京都品川区南品川2-9-5
電車・バスで 京急新馬場駅から徒歩5分
問い合わせ TEL:03-3471-8068

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!