オススメ記事

よく読まれている記事

  • 屋内型キッズパーク『キッズフル』オープン 屋内型キッズパーク『キッズフル』オープン 2016年12月1日(木)、JR総武線市川駅北口前の商業ビル「市川ビル」8階に、屋内型キッズパーク『キッズフル』がオープン。ダイエー市川店(1階〜4階はAEON FOOD STYLE by daiei)などが入る12階建ての商業ビルの8階のフロア半分が『キッズ... NEWS&TOPICS の下
  • 金谷の「黄金鯵」は6月〜8月が旬! 金谷の「黄金鯵」は6月〜8月が旬! 東京湾フェリーが発着する金谷港。 背後に鋸山(のこぎりやま)が立ちはだかる金谷港に揚がる鯵(アジ)は、今や全国の鯵ファン、青魚ファン注目のブランド鯵なのです。 それが、金谷の黄金鯵。 金谷の黄金鯵が美味いワケは、根付きだから!? 金谷港には、一... 富津市 の下
  • 死ぬまでに見たい千葉の絶景! 江川海岸の海中電柱 死ぬまでに見たい千葉の絶景! 江川海岸の海中電柱 「死ぬまでに見たい千葉の絶景」、あるいは「日本のウユニ塩湖」、はたまた、宮崎アニメ『千と千尋の神隠し』に登場の海中電柱といわれているのが、潮干狩りで有名な千葉県木更津市の江川海岸。潮干狩りの漁協駐車場(江川漁協潮干狩第1料金所・第2料金所)の海岸から沖合にかけ... NEWS&TOPICS の下
  • 日本一の過密ダイヤを連節バスで解消! 京成バス「新都心・幕張線」 日本一の過密ダイヤを連節バスで解消! 京成バス「新都心・幕張線」 日中でも5分間隔、朝ラッシュ時は1分間隔で頻発!という日本一ともいえる過密バスダイヤを組むのが京成バス「新都心・幕張線」。そこで活躍するのが「連節バス」です。 通常の1.5倍の輸送力が確保できる! 連接バスとは、通常の1台のバス(基本はタイ... NEWS&TOPICS の下
  • 袖ケ浦公園の花菖蒲が開花(袖ケ浦市) 袖ケ浦公園の花菖蒲が開花(袖ケ浦市) 袖ケ浦公園の下池の一角に広がる3600平方メートルの「花菖蒲園」には1万5000株もの花菖蒲が植栽されており、八ツ橋を渡って、美しい花菖蒲を愛でる風流な仕組みです。花の見頃は5月下旬~6月中旬頃。 6月11日(土)には花菖蒲まつりも開催 2016年... 袖ケ浦市 の下
  • 多田良北浜海岸で『南房総富浦アジすくい』(南房総市) 多田良北浜海岸で『南房総富浦アジすくい』(南房総市) 『南房総富浦アジすくい』は、潮の満干に合わせて、海に放流されたアジのつかみどりするユニークなイベント。 南房総市富浦の多田良北浜海岸で開催される恒例のイベントです。 南房総市内宿泊施設に宿泊の場合は参加費無料(無料参加券または領収書などの掲示が必要)。 ... イベント の下
  • 東京湾の人工島「第二海堡」を富津岬&洋上から見学 東京湾の人工島「第二海堡」を富津岬&洋上から見学 東京湾を航行する船から、そして富津岬突端の展望塔(明治百年記念塔)から眺めることができる、東京湾の人工島が第二海堡(だいにかいほ)。 富国強兵を目ざした明治時代に、東京湾防備の要として建設された海上砲台です。 首都防衛の拠点として海上砲台=海堡を建... 東京湾要塞&戦争遺跡 の下
  • 麻綿原高原のアジサイ開花(大多喜町) 麻綿原高原のアジサイ開花(大多喜町) 清澄山系の麻綿原高原は房総半島随一のアジサイの名所。 アジサイは、「麻綿原天拝園」と名付けられた日蓮宗の古刹・妙法生寺境内が中心で、昭和26年、箕輪日受師が廃寺を再興しアジサイを植えたことに始まります。 アジサイは今や約2万株の大群生に! ... 大多喜町 の下
  • 鋸山登山自動車道 鋸山登山自動車道 鋸山(日本寺)へのドライブルートは2本。ひとつが有料道路の「鋸山登山自動車道」(全長2.6km)。この有料道路を使って、途中の大仏口駐車場に車を入れれば大仏前参道で日本寺大仏に楽ちんアクセス。終点の山頂駐車場に車を入れれば、西口管理所前で、鋸山山頂の百尺観音や... 見る の下
  • 江川海岸・久津間海岸 海中電柱 江川海岸・久津間海岸 海中電柱 潮干狩で、そして「江川のり」(木更津江川漁協謹製焼のり)で名高い江川海岸ですが、実はシーズンには潮干狩で賑わう遠浅の海岸線に、なぜか電柱が沖を目ざして並んでいるという「奇観」が! これが今話題の「江川海岸・海中電柱」です。   死ぬまでに見たい絶景が千葉県... 木更津市 の下