山下公園・赤い靴はいてた女の子像

大正11年、野口雨情作詞・本居長世作曲で発表された童謡『赤い靴』。童謡『赤い靴』の2番の歌詞には「横浜の埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って 異人さんに つれられて 行っちゃった」という歌詞があり、その歌詞をイメージして昭和54年、山下公園に造られたのが「赤い靴はいてた女の子像」です。

国際貿易港・横浜の歴史が生んだ悲しい童話『赤い靴』

像を寄贈したのは赤い靴を愛する市民の会(現・赤い靴記念文化事業団)。
平成22年には山下公園の少女像と同型の像が、横浜市と姉妹都市のアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市(San Diego)の海辺に建立されています。

海の彼方に向かって座っている少女の姿は、童謡の歌詞を考えると切ない、悲しい姿です。

野口雨情の『赤い靴』の女の子については、静岡県清水市有渡郡不二見村(現在の静岡市清水区宮加三)出身の岩崎かよの娘・佐野きみとされてきましたが、諸説あって定かでありません。

横浜市交通局の観光スポット周遊バスも「あかいくつ」と、やはり野口雨情の『赤い靴』をモチーフにした名前がついています。

童謡『赤い靴』

作詞:野口雨情
作曲:本居長世

1.赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった
2.横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
3.今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう
4.赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える

山下公園・赤い靴はいてた女の子像 DATA

名称 山下公園・赤い靴はいてた女の子像
/やましたこうえん・あかいくつはいてたおんなのこぞう
所在地 神奈川県横浜市中区山下町279
関連HP 横浜市公式ホームページ
電車・バスで 横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩4分、またはJR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩13分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ランプから約2km
駐車場 山下公園駐車場(223台/有料)
問い合わせ 横浜市役所環境創造局山下公園TEL:045-681-1860
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

山下公園

2017.11.14
 

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!