山下公園・インド水塔

横浜港に臨む山下公園の西端(大さん橋側)にあるインド式の水飲み場がインド水塔。関東大震災(大正12年)では、横浜在住の在日インド人が多数被災しましたが、その救済のために横浜市民が尽力。震災の瓦礫処分場だった山下公園に、横浜市民への感謝と同胞の慰霊のために昭和14年12月に在日インド人協会が建立したのがインド水塔です。

モスク風のかつての水飲み場は、モニュメントとして機能

大正12年の関東大震災では、横浜在住のインド人116人が被災し、死者も28人を数えています。

個性的なデザインのインド水塔の設計は、横浜市の建築課長の鷲巣昌(わしずあきら)。

関東大震災の復興のために、同潤会(どうじゅんかい)が、都内各所(代官山、神宮参道など)に鉄筋コンクリートの集合住宅の建設を始めたましたが(これが同潤会アパート)、鷲巣昌は、川本良一の配下としてその建築にも関わっています。

イスラム寺院の中庭に配される泉亭のような造りで、ドーム天井には見事なモザイク画も配されています。
本来は山下公園の水飲み場ですが、現在は衛生上の問題からモニュメントとして保存(横浜市認定歴史的建造物)。

 

山下公園・インド水塔 DATA

名称 山下公園・インド水塔/やましたこうえん・いんどすいとう
所在地 神奈川県横浜市中区山下町279
関連HP 横浜市公式ホームページ
電車・バスで 横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩4分、またはJR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩13分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ランプから約2km
駐車場 山下公園駐車場(223台/有料)
問い合わせ 横浜市役所環境創造局山下公園TEL:045-681-1860
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

山下公園

2017.11.14
 

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!