パシフィコ横浜『お城EXPO 2016』

パシフィコ横浜会議センターでクリスマスに開催されるのが『お城EXPO 2016』。城郭文化の振興と発展、城郭を擁する地域の観光振興、そして城郭を擁する地域の人々と、それを支える城好きの人たちとの交流を目的として開催されるお城好き必見のイベントです。

お城好きには夢のような祭典です!

城に関するさまざまなテーマ展示と、城のスペシャリストたちが登壇する貴重な講演会・フォーラム・トークショーなどが行なわれます。
テーマ展示の一つである「城めぐり観光情報ゾーン」では、「国宝5城」(姫路城、犬山城、彦根城、松本城、松江城)を含めた、「日本100名城」(財団法人日本城郭協会が2006年に定めた名城の一覧)に選定されている城郭を有する団体が出展。城巡りにお役立ちの情報を入手できる仕組みです。

また、彦根藩2代藩主・井伊直孝を寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる「招き猫」と、井伊軍団のシンボル赤備え(戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと)の兜(かぶと)を合体させた彦根城の「ひこにゃん」、熊本城築城400年祭を期に、現代へやってきた妖精という設定の熊本城の「ひごまる」、くまモン(熊本県)、さのまる(佐野市)、わん丸君(犬山市)といったキャラクターも登場します。

また、城に関する厳選された数々の作品映像を上映する「お城シアター」や江戸期文化、文政の頃から幕末、明治にかけて活躍した浮世絵師によって描かれた、武将や戦場、城を舞台にした浮世絵を一堂に展示する「城郭の浮世絵展」なども実施。

熊本城の「ひごまる」の復興バージョンです!

熊本城の「ひごまる」の復興バージョンです!

城郭の浮世絵展 ~松崎コレクション~

江戸期文化、文政の頃から幕末、明治にかけて活躍した浮世絵師によって描かれた、武将や戦場、城を舞台にした浮世絵10点を展示します。

城郭の浮世絵展 ~松崎コレクション~

城郭の浮世絵展 ~松崎コレクション~

浮世絵一覧

橋本貞秀:真柴久吉公播州姫路城郭築之図
歌川国貞:摂州一の谷源平合戦の図
歌川芳虎:太平記葛井寺合戦
歌川芳虎:勇士左馬之助充未敵城石弩火鉄にて打崩図
歌川芳虎:里見佐馬頭義弘相州城ケ島にて北条と戦う
歌川芳虎:名将諸国を征伐之図
歌川芳宗:足利直義大軍楠正行赤坂之居城囲
国雪(偽名):蒙古合戦図
橋本貞秀:奥州高館落城の図
橋本貞秀:源頼信平忠常大椎城水攻之図

お城のジオラマ模型展

日本の名城を情景と共に復元したジオラマ模型、全国各地の40城を展示。

●展示予定模型
五稜郭/福山城/弘前城/鶴ケ城/水戸城/館林城/小田原城/石垣山城/松本城/躑躅ケ崎館/駿府城/掛川城/浜松城/井伊谷城/岡崎城/勝幡城/岐阜城/苗木城/飛騨高山城/丸岡城/敦賀城/彦根城/安土城/小谷城/大坂城/岸和田城/郡山城/高取城/和歌山城/尼崎城/竹田城/備中高松城/萩城/高松城/松山城/宇和島城/今治城/来島城/高知城/福岡城

「お城のジオラマ模型展」全国各地40城を展示

「お城のジオラマ模型展」全国各地40城を展示

出展団体

・国宝松江城「松江は武者のまち!」(松江城)
・犬山市観光協会(犬山城)
・毛利元就「三矢の訓」連携会議<広島県>(吉田郡山城)
・国宝・彦根城(彦根城)
・松本観光コンベンション協会(松本城)
・恵那市観光協会岩村支部・岩村町観光協会(岩村城)
・姫路観光コンベンションビューロー(姫路城)
・小田原市・北条五代観光推進協議会(小田原城)
・全国山城サミット連絡協議会/津市観光協会(津城)
・明石観光協会(明石城)
・沖縄観光コンベンションビューロー(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
・横浜の中世城郭(小机城・茅ヶ崎城)
・ヒストリーチャンネル(TM) 日本・世界の歴史&エンタメ

お城EXPO 2016 DATA

開催日 2016年12月23日(金・祝)~12月25日(日)
開催時間 10:00~18:00(入城は17:30まで)
料金 入城券大人1500円(前売券1300円)、小・中学生800円(前売券500円)
未就学児は無料
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
場所 パシフィコ横浜 会議センター
電車・バスで みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分。または、JR桜木町駅から徒歩12分、バスで7分、タクシーで5分
問い合わせ 「お城EXPO2016」事務局TEL:045-663-7227(平日10:00~18:00)
公式HP http://www.shiroexpo.jp/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!