川崎港海底トンネル人道

川崎市川崎区にある千鳥町と東扇島を結ぶ、川崎市道川崎駅扇島線の海底トンネル(全長2180m)。歩行者用のトンネルが別に用意され、自転車は降りて通る仕組みに。昭和47年の完成当時は一般車両が通行禁止でしたが、川崎マリエンの開業に伴って平成4年から一般車両も通行可能に。人道部分は別入口で内部も隔離されているので安心。

海底を歩いて通る全長1965mのトンネル

千鳥町は、昭和12年〜昭和18年、昭和28年〜昭和39年、東扇島は昭和47年〜昭和58年の埋め立てによって誕生した町。
その干拓地に7年と440億円をかけて完成したのが川崎港海底トンネル。
歩行者用の海底トンネルは下り線と上り線の車用海底トンネルの間に設けられており、完全な専用人道(人道部分は全長1965m)。

地盤は脆弱で船舶の交通量も多く、工事は難航したため、土木学会技術賞と日本港湾協会技術賞を受賞しています。

現在、国内に海底トンネル人道は、関門海峡を渡る関門国道の人道、そして黒部港の海底トンネル、衣浦港の衣浦トンネル人道、そして川崎港海底トンネル人道の4ヶ所。
川底トンネルとしては大阪の安治川隧道(安治川トンネル)があります。
 

川崎港海底トンネル人道 DATA

名称 川崎港海底トンネル人道/かわさきこうかいていとんねるじんどう
所在地 神奈川県川崎市川崎区千鳥町・東扇島
関連HP 川崎市公式ホームページ
電車・バスで JR川崎駅から市営バス川04系統市営埠頭行、川05系統東扇島循環、または川07系統東扇島西公園前行で東電前下車
駐車場 ちどり公園駐車場(31台/無料)
問い合わせ 川崎港管理センターTEL:044-287-6034/FAX:044-287-6038
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!