浮島神社祭礼(勝山地区祭礼)

例年、7月第2土・日曜に行なわれる鋸南町勝山地区(安房勝山)の合同の祭礼。
日曜日には沖に浮かぶ浮島(うきしま)に鎮座する浮島神社の祭礼もあり、漁船を使って浮島に渡ることもできます。実は、これが年に一度の浮島神社への参拝、つまり、浮島に渡るチャンスなのです!

年に一度、浮島に渡るチャンスを見逃すな!

第2土曜には勝山地区の屋台5台と神輿4台、竜島地区の御船1台の引き回しが行われ、19:00頃から合同祭礼として5台の屋台が集結。

浮島は、勝山海岸から1.1kmの沖合にあり、周囲792m、標高60m、面積6216坪の無人島。
属島に大ボッケ島・小ボッケ島があり、波上に浮かぶように見えることから「浮島」と名づけらています。

頂上に社(やしろ)があり、景行天皇、日本武尊(やまとたけるのみこと)、その妃(きさき)である弟橘媛(おとたちばなひめ)、磐鹿六鴈命(いわかむつかりのみこと)が祀られています。
磐鹿六鴈は、料理神としても信仰され、高橋さんの遠祖とも。

『日本書紀』、『古事記』に記載される淡水門(あわのみなと)は浮島あたりと比定されています。

さらに8世紀に記された『高橋氏文』(たかはしうじぶみ)には、
「景行天皇53年10月に景行天皇が上総国の安房浮島宮に至った際、磐鹿六鴈命は皇后の命で「カクカクと鳴く鳥」を捕らえようとしたが果たせませんでした。しかし堅魚と白蛤を得たので皇后に捧げると、天皇に献上するよう命じられます。そこで磐鹿六鴈命は无邪志国造((むさしのくにのみやつこ=古代に武蔵国東部を支配した国造)上祖の大多毛比、知々夫国造((ちちぶのくにのみやつこ=武蔵国西部にあった知々夫国を支配した国造/現在の秩父地方)上祖の天上腹と天下腹らを呼び寄せ、膾・煮物・焼物を作って献上しました」
と記されています。

『高橋氏文』に記されるように、天皇の行宮があったという伝承が勝山の地には残されていますが、断崖に囲まれた島に、古代に天皇が上陸したのでしょうか?

いずれにしろ、淡水門は、安房の入口ということでしょうから、古代には東海道と安房を結ぶ重要なルートに位置したことは間違いありません。

TBS金曜ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(主演・山田孝之)第5話「忍び寄る影」で「夢島」として登場したのが、実はこの浮島です。

浮島神社祭礼 DATA

開催日 2016年7月9日(金)〜7月10日(土)
開催時間 13:00~16:00
所在地 千葉県安房郡鋸南町勝山
場所 浮島神社
地図
電車・バスで JR内房線安房勝山駅下車
問い合わせ 鋸南町地域振興課まちづくり推進室TEL:0470-55-1560

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!