日本寺・東海千五百羅漢

鋸山山頂(瑠璃光展望台)と日本寺大仏を結ぶ日本寺境内のメインルートに配された羅漢群(石仏群)。西国観音、百躰観音など、山頂から大仏広場までのいたるところに石仏を見かけますが、これが、「東海千五百羅漢」と呼ばれる江戸時代後期に奉納された石仏群。
 

その数、世界一の千五百羅漢は圧巻!

東海千五百羅漢
東海千五百羅漢
東海千五百羅漢
 
高雅愚伝禅師の発願で、上総桜井(現在の木更津市)の名工、大野甚五郎英令が1779(安永8)年〜1798(寛政10)年の21年間をかけて、門弟27人とともに生涯をかけて刻んだ石仏。風食によってできた洞窟に安置されています。

大野甚五郎が生涯をかけて刻んだ石仏1553体は世界一の数。弘法大師護摩窟、維摩窟、百躰観音の石仏群は必見。西国観音、二天門(通天閣)、あせかき不動、日牌堂、奥の院・無漏窟と一巡できます。
原料となった石材は、地元の金谷石ではなく、海路、伊豆から運ばれた伊豆石です。
多くは明治の廃仏毀釈運動(はいぶつきしゃく=明治維新の神仏分離によって起こった仏教破壊運動)で頭を壊され、「羅漢様お首つなぎ」事業によって多くは復元していますが、一部に頭部がない石仏もあり俗に「首なし羅漢」とも呼ばれています。

東海千五百羅漢観賞のルートは!?

地獄のぞき・山頂展望台(瑠璃光展望台)→西国観音→二天門(通天閣)→座禅石→百躰観音→あせかき不動→甚五郎の墓(大野英令之墓)→宝筺印塔→日牌堂→奥の院無漏窟→維摩窟→聖徳太子→不動滝→日本寺西口管理所(有料道路専用山頂駐車場・鋸山ロープウェー山頂駅)→弘法大師護摩窟→大仏口管理所(有料道路駐車場)→大仏前参道→日本寺大仏東口管理所(一般道からの無料駐車場)

(1)西国観音

(1)西国観音

(2)二天門(通天関)

(2)二天門(通天関)

(3)百躰観音

(3)百躰観音

[/caption]
(4)奥の院無漏窟

(4)奥の院無漏窟

(5)維摩窟

(5)維摩窟

(6)不動滝

(6)不動滝

(7)弘法大師護摩窟

(7)弘法大師護摩窟

(8)大仏前参道

(8)大仏前参道

大野甚五郎英令
大野甚五郎英令は、1798(寛政10)年に48歳で没し、日本寺境内、千五百羅漢のなかに墓もあります(上記観賞ルート参照)。鶴崎神社(千葉県安房郡鋸南町元名921-1)の『大絵馬 源義経弓流し図』(鋸南町の文化財に指定)は、1798(寛政10)年の奉納で、「大野英令」の落款があることから、死を前にした大野甚五郎の奉納であることがわかります。

日本寺・東海千五百羅漢 DATA

名称 日本寺・東海千五百羅漢/にほんじ・とうかいせんごひゃくらかん
所在地 千葉県安房郡鋸南町元名184
公式HP http://www.nihonji.jp/
電車・バスで JR浜金谷駅から徒歩8分の山麓駅から鋸山ロープウェーで4分、鋸山駅下車、徒歩25分(山頂展望台・千五百羅漢道経由)。またはJR浜金谷駅からタクシーで15分、日本寺大仏管理所下車、徒歩10分
ドライブで 館山自動車道木更津南ICから国道127号を館山方面に29km走った明鐘岬から鋸山道路を利用
駐車場 200台(大仏口管理所駐車場)/通行料に含まれる
問い合わせ TEL:0470-55-1103/FAX:0470-55-1174

取材協力/東京湾フェリー・鋸山ロープウェー

鋸山・地獄のぞき

2016.12.22

鋸山・十州一覧台

2016.12.22

日本寺・大仏

2016.12.22

日本寺・百尺観音

2016.12.22

日本寺

2016.12.22

鋸山登山自動車道

2016.12.22

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!