【除夜の鐘&初詣】大蓮寺

浄土宗の大本山芝増上寺の末寺で1544(天文13)年、小田原・稲荷山大蓮寺の行脚僧・覺譽存榮上人の創建というのが浦安の大蓮寺。明治16年の建立の鐘楼堂は、浦安市唯一の鐘楼で、例年多くの参拝客が訪れています。

浦安市唯一の鐘楼で除夜の鐘を撞こう

鐘楼は1734(享保19)年に学誉大僧正の遺徳顕彰のために建立されたもので、除夜の鐘以外にも農繁期の時報に使われていたのだとか。明治16年に再建されています。吊り下がるは、昭和18年、戦時下の金属供出運動によって献納。現在の梵鐘は昭和26年、佐倉出身の彫金家・香取正彦氏の再鋳。

除夜の鐘は、大晦日の0:00から撞くことができ、甘酒が振る舞われ、除夜の鐘のお札が授与されます。年が明けた正月には『修正会』が執り行なわれます。

【除夜の鐘&初詣】大蓮寺 DATA

所在地 千葉県浦安市堀江4-14-2
公式HP http://www.dairenji.jp/
電車・バスで 東京メトロ東西線浦安駅から徒歩5分
駐車場 5台/無料
問い合わせ TEL:047-351-2533

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!