赤山地下壕跡

千葉県館山市にある館山海軍航空隊の地下壕。総延長約1.6kmの地下壕(トンネル)で、太平洋戦争末期の昭和19年頃から建設が始まったと推定されています(建設年代は太平洋戦争開戦以前とする説もあり定かでありません)。受付は、入口に位置する「豊津ホール」で行ない、ヘルメットを借りて入壕する仕組み。

館山海軍航空隊の地下壕に潜入

受付の「豊津ホール」

この道の先に地下壕の入口が

公開されているのは250mほどですが、凝灰岩質砂岩を素掘りした地下壕は、全国でも珍しい地下の航空要塞。

館山海軍航空隊の防空壕で基地の司令部・奉安殿・戦闘指揮所・兵舎・病院・発電所・航空機部品格納庫・兵器貯蔵庫・燃料貯蔵庫として機能していました。

豊津ホール前から海岸に向けての小道は弾薬や資材を運んだ道。

通年入壕できる地下壕としては、ほかに長野市松代町の松代大本営跡の象山地下壕(ぞうざんちかごう)があり公開されています。

ここが入口

いよいよ壕の中へ

 

赤山地下壕跡 DATA

名称 赤山地下壕跡/あかやまちかごうあと
所在地 千葉県館山市宮城192-2
関連HP http://www.city.tateyama.chiba.jp/
電車・バスで JR館山駅東口から日東バス館山航空隊行きで10分、みやぎ下車、徒歩3分
ドライブで 東京湾フェリー金谷港から25.6km(32分)
駐車場 20台(豊津ホール)/無料
問い合わせ 豊津ホールTEL:0470-24-1911

 

地下秘密要塞「赤山地下壕跡」を見学(館山市)

2016.05.22

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!