那古寺(那古観音)

館山市の那古にある奈良時代創建という古刹。『那古寺縁起』によれば、717(養老元)年に行基(ぎょうき)が創建したと伝えられる真言宗智山派の寺です。かつては源頼朝、足利氏、里見氏らの信仰を集め、源頼朝が本尊の千手観音に帰依して七堂伽藍を建立したと伝えられています。江戸時代には、鶴岡八幡宮の別当を兼ねて隆盛しました。

寺伝では奈良時代に行基創建という古刹

那古寺(那古観音)境内図

閼伽井

観音堂

正式名は補陀洛山(ふだらくさん)千手院那古寺ですが、那古観音と通称されています。
補陀落とは、南方の海上にあるとされる観音菩薩の住処。

寺伝によれば行基は、元正天皇の病気平癒を祈るため那古を訪れ、海中より上げた異木(いぼく)で彫った千手観世音菩薩を安置して祈願。
無事、元正天皇の病は平癒し、天皇の勅によりこの那古寺が創建されたのだという。

1703(元禄16)年の元禄の大地震で倒壊し、大正12年の関東大震災でも被災しましたが、その都度再建され、平成22年には観音堂(本堂)の平成の大改修も完了し、美しい境内が蘇っています。

那古寺裏参道には閼伽井弁天(あかいべんてん)が祀られています。
1703(元禄16)年の地震で倒壊した寺を再建する際に、「伊勢屋金物店」伊勢屋甚右衛門が伊豆石を運び、井戸に石組したというのが霊水の閼伽井(あかい)。
往時には参詣の人々ののどを潤した井戸です。

坂東三十三観音の結願寺で関東八十八ヶ所第56番霊場

本坊

仁王門

多宝塔

境内には千葉県の有形文化財に指定される観音堂、多宝塔のほか、仁王門や和泉式部の供養塔などがあり、本尊の木造千手観音立像は、高さ1.5mのクスの木の一本造りで国の重要文化財にも指定されています。
ほかに、鎌倉末期作の銅造千手観音立像(国重要文化財)や繍字法華経普門品など多数の宝物を収蔵しています。

本堂の裏手から那古山山頂の潮音台まで続く遊歩道もあり、春は桜見物を兼ねた参拝客でにぎわいを見せます。
かつては山上の古屋敷に建っていましたが、1703(元禄16)年の大地震で倒壊し、1759(宝暦9)年、岡本兵衛を奉行として、中腹に再建されたもの。
江戸時代には観音堂のすぐ足もとまで波が寄せていましたが、地震の隆起で海岸が後退したのだとか。

また坂東三十三観音の結願所(けちがんしょ)、安房国札三十四観音霊場の1番、関東八十八箇所の56番にもなっています。

坂東三十三ヶ所
鎌倉から始まる長大な巡礼道「坂東三十三ヶ所観音霊場」は、鎌倉時代に、西国霊場を模してつくられた札所。
第一番は鎌倉の杉本寺で1都6県の広範囲にまたがり那古寺(那古観音)で結願するまで全行程は1300kmにも及びます。


 

那古寺(那古観音) DATA

名称 那古寺(那古観音)/なごじ(なごかんのん)
所在地 千葉県館山市那古1125
関連HP http://www.city.tateyama.chiba.jp/
電車・バスで JR那古船形駅から徒歩7分。または、JR館山駅から館山日東バス南無谷行き、東京湾フェリー行き10分、那古下車、すぐ
ドライブで 富津館山道路富浦ICから約3km(7分)
駐車場 30台(本坊横)/無料
問い合わせ TEL:0470-27-2444

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!