地下秘密要塞「赤山地下壕跡」を見学(館山市)

太平洋戦争の敗色が濃厚となり、アメリカ軍の房総半島上陸の可能性が囁かれた戦争末期、館山市に海軍は秘密基地を構築します。
秘密基地ゆえに、いつ頃掘られたのかも不明確な地下壕ですが、謎を秘めながらその一部が公開されています。

 

秘密基地ゆえにいつ造られたのかのも謎!

akayamatikagou02

正式名称は、館山海軍航空隊赤山地下壕跡。
アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、この赤山地下壕が、館山海軍航空隊の防空壕として使われていたことはハッキリしています。
一説には終戦の10年ほど前、つまりは昭和10年頃に、赤山の海岸部で埋め立てが行なわれたという証言もあるので、壕を掘り、掘った土で埋め立てという一石二鳥の基地拡張を密かに進めていた可能性があります。

「全長が1.6kmにも及ぶ大規模な地下壕が昭和16年の太平洋戦争開戦の前に掘られた例はありません。内部の状況から突貫で工事が進められたと推測できるので終戦間近、昭和19年より後に建設されたのではないかと推測できます」(館山市教育委員会生涯学習課)とのこと。

ただし、地元には、住宅の立ち退き、青山学院水泳部の合宿所現在(現在はプールになっています)の立ち退き時期などから考慮して、もっと前(昭和16年頃開戦時頃)に造られていたという人もいて建設の時期すら定かになっていません。
まさに地元でも秘密基地だったなのです。

akayamatikagou02
akayamachikagou

地下壕の場所は、海上自衛隊第21航空群館山航空基地のすぐ南側に、「赤山」と通称される標高60mの小高い山の内部です。
海上自衛隊第21航空群館山航空基地のある場所は、実はかつて館山海軍航空隊のあった地。
旧館山海軍航空隊司令部はそのまま館山航空基地の本部として使われています。

赤山地下壕跡の受付は、豊津ホールと呼ばれる館山市の公共施設。
豊津ホールのすぐ背後に迫る山に赤山地下壕があるわけでなのです。
この豊津ホールで受付を済ませると、ヘルメットが手渡されます。

「突貫工事で秘密基地を築いたため、狭い部分もあるので、頭をぶつけたりして怪我をしないように」(館山市教育委員会生涯学習課)
との配慮だそうです。

真珠湾攻撃を想定した訓練も館山で行なわれた!

豊津ホールから海側に伸びる細い道は、かつてトロッコ軌道が敷かれていたのだとか。
港へ、そして司令部と結び資材や、弾薬、燃料などの移送に使われ、その軌道は地下壕まで通じていました。

館山海軍航空隊基地は、真珠湾攻撃のための実戦を想定した最終訓練が行なわれた場所。
冬に西風を受ける滑走路は、航空母艦の短い甲板の距離を想定した戦闘 機の離発着訓練には最適な飛行場だったのです。

館山湾を真珠湾に見立てた訓練すら行なわれました。
このことから考えても、大日本帝國海軍には、館山に特別な思いがあったことがよくわかります。
開戦時にはすでに着々と地下壕、つまりは地下秘密基地を掘り進めていたのかもしれません。

DSCN0786_5762DSCN0786 (1)

赤山地下壕跡 DATA

名称 赤山地下壕跡
所在地 千葉県館山市宮城192-2
営業時間 9:30〜16:00(受付は15:30まで)
休業日 第3火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日休
料金 大人200円・小・中・高校生100円
たてやま周遊券(赤山地下壕跡・博物館本館・館山城・渚の博物館共通券)は大人400円・小・中・高校生150円(博物館特別展開催時は大人600円・小・中・高校生250円
地図
電車・バスで JR館山駅東口から日東バス館山航空隊行きで10分、みやぎ下車、徒歩3分
ドライブで 東京湾フェリー金谷港から25.6km(32分)
駐車場 18台/無料
問い合わせ 豊津ホールTEL&FAX:0470-24-1911

東京湾観光情報局MEMO/全国に築かれた地下壕

松代大本営=長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)、昭和19年10月着工。長野飛行場が近くにあった。象山地下壕が一般公開
matsushirodaihonei

連合艦隊総司令部日吉台地下壕=神奈川県横浜市港北区、 昭和19年8月着工、日吉台地下壕(慶応大学日吉キャンパス内)、非公開ですが、定例見学会は日吉台地下壕保存の会が毎月2回(第2水曜・第4土曜)に実施
hiyoshidaitikagou

浅川地下壕=東京都南多摩郡浅川町(現・八王子市初沢町・高尾町)、昭和19年9月着工、中島飛行機の地下秘密工場(金比羅山地下陸軍浅川倉庫)
 

赤山地下壕跡

2017.04.27

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!