賀茂神社『大火祭』(南房総市)

天明天皇の和銅5年(712年)8月2日に創建したという南房総市の古社、賀茂神社。『大火祭』(おおひまつり)は、毎年大晦日の夜に行なわれる行事で、暮れの12月28日頃に青年たちの奉仕によって生木を3~4mの高さに積み上げ、その後、大祓いを行ないます。大晦日の深夜に火をつけ歳神様(としがみさま)を迎え、悪霊を祓います。
 

火の力で歳神様を迎え入れ、悪霊を払う

oohimatsuri02

集落に歳神様を迎えるために、賀茂神社の境内で大火を焚き、悪霊を祓って新たな年を迎える行事です。
心木(しんぎ)の燃えて倒れる方向を吉方とする伝統行事で、各家では残火をその年の火種として枝木に移して持ち帰り、煮炊きに使用したり、灰を家の四方に撒いて病魔を追い払うまじないとしたりします。

賀茂神社の鎮座する南房総市加茂には縄文時代の加茂遺跡もあって古くから拓けた地であることがわかります。賀茂神社の祭神は、京の賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭神、賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)。

oohimatsuri03

賀茂神社『大火祭』 DATA

開催日 12月31日
時間 19:00〜21:00
所在地 千葉県南房総市加茂2070
場所 賀茂神社
電車・バスで JR内房線南三原駅からタクシー7分
問い合わせ 南房総市観光協会TEL:0470-28-5307

画像協力/南房総市・千葉県

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!