真野寺でアジサイが見頃に(南房総市)

寺伝によれば聖武天皇の神亀2年(725年)、高僧・行基が開山と伝わる房総屈指の古刹が、高倉山真野寺(まのでら/真野大黒天)。
本尊である覆面千手観音は行基作といわれ南房随一のパワースポットになっています。
その真野寺で6月中旬~7月初旬に『あじさい祭り』が執り行なわれます。

境内に3000株のアジサイが見事に咲く

真野寺の大黒天像(朝日開運大黒天)は貞観2年(860年)に慈覚大師が彫ったものとか。
さらに冶承3年(1179年)には、安房に逃れた源頼朝が源氏再興を祈願しています。

ぜひ一度は開運を祈願に参詣したい寺ですが、6月なら3000株ほどのアジサイが開花します。
6月6日=大黒天縁日で、護摩祈祷。
6月24日=安房六地蔵尊縁日。

真野寺 DATA

施設名 真野寺(まのでら)
所在地 千葉県南房総市久保587
料金 境内自由
地図
電車・バスで JR内房線館山駅から日東バスお花畑行きで九重大井下車、徒歩20分
ドライブで 東京湾フェリー金谷港から31.6km(38分)
駐車場 46台/無料
問い合わせ TEL:0470-46-2590

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!