房総の絶景紅葉スポット 小松寺(南房総市)

寺伝によれば文武天皇の御代(683年~707年)、役小角(えんのおづぬ=役行者)の創建と伝われる南房総屈指の古刹が小松寺。南房総を支配した里見一族、そして徳川の朱印寺であったと伝えられている真言宗智山派の古刹。モミジ、カエデ、イチョウが色づく11月中旬~12月中旬は、見事な紅葉が期待できます!
 

小松寺の原生林も紅葉!

小松寺・紅葉
 
小松寺一帯は手つかずの原生林。モミジのトンネルを抜け朱塗りの仁王門をくぐると、修験の地として栄えた静寂な世界が広がり、カエデの大木の紅葉も見ごたえがあります。
また、11月27日(日)にはもみじ祭り、12月8日には納め薬師が開催されます。

小松寺・紅葉

小松寺紅葉ライトアップ2016

2016年11月20日~11月30日17:00~21:00(予定)。

komatsujilightup
 

小松寺 DATA

紅葉見頃 11月中旬~12月中旬
所在地 千葉県南房総市千倉町大貫1057
場所 小松寺
電車・バスで JR内房線千倉駅からタクシーで10分
ドライブで 富津館山自動車道路富浦ICから25分
駐車場 あり/無料
問い合わせ 南房総市観光協会千倉案内所TEL:0470-44-3581
公式HP http://www.komatuji.com/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!