【除夜の鐘&初詣】大本山中山法華経寺(市川市)

1260(文応元)年、日蓮聖人に帰依した八幡庄若宮に住む領主・富木常忍(ときつねのぶ=日常聖人)は、自らの館に法華寺を建て、さらに中山の太田乗明公も本妙寺を建て、この両寺をあわせたのが法華経寺(ほけきょうじ)。市川市には113の寺院と59の神社がありますが初詣で賑わう筆頭は、この中山法華経寺です。

1月1日〜3日は『新年特別祈祷会・鬼子母神大祭』

境内には、寺院伽藍として国内に唯一現存する国の重要文化財・比翼入母屋造りの祖師堂や五重塔をはじめ、たくさんの重要文化財が残されています。
大晦日には、23:45〜『除夜の鐘祈祷会』が行なわれ、除夜の鐘を撞くことができます(先着1000名)。
また、三が日の10:30と13:30に、『新年特別祈祷会・鬼子母神大祭』が行なわれます。
1月8日・18日・28日の10:30・13:30には『子育大祭』も。
 

【除夜の鐘&初詣】大本山中山法華経寺(市川市) DATA

所在地 千葉県市川市中山2-10-1
電車・バスで JR総武線下総中山駅から徒歩8分。または京成中山駅から徒歩5分
ドライブで 京葉道路市川IC、京葉道路原木IC、首都高湾岸線千鳥町ICを利用
問い合わせ TEL:TEL047-334-3433

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!