千葉県立現代産業科学館特別展『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』

房総の豊かな自然を有し、都心に隣接する千葉県には旅客・物資の輸送はもとより観光鉄道など多くの鉄道路線があります。市川市にある千葉県立現代産業科学館の平成28年度の特別展は、千葉県内をつなぐ鉄道の魅力と、それを支える技術を紹介する『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』です。
 

多彩な千葉の鉄道の魅力を紹介

日本最古級の電気機関車である「デキ3」

日本最古級の電気機関車である「デキ3」

県内鉄道路線の歴史とその魅力、鉄道の安全性や信頼性を支える高い技術についてわかりやすく紹介。
ちばの鉄道の歴史を振り返る「ちばの鉄道物語」、電車の技術について解説する「走るしくみ」、千葉県の貨物鉄道について紹介する「物流を支える鉄道」、千葉県のローカル線などを紹介する「地域に根ざした鉄道」などのコーナーで、千葉県の鉄道の魅力を紹介します。

また、銚子電気鉄道が所有する、現存する日本最古級の電気機関車である「デキ3」(銚子電気鉄道デキ3形電気機関車/実物/1922年にドイツのアルゲマイネ社で製造)が昭和16年の入線以来初めて銚子を離れ、千葉県立現代産業科学館サイエンス広場に登場。

デキ3形リバイバル塗装色(千葉県立現代産業科学館の展示ではグレーに塗装されています)

デキ3形リバイバル塗装色(千葉県立現代産業科学館の展示ではグレーに塗装されています)

chibatetudo04

千葉県立現代産業科学館特別展『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』 DATA

開催日 2016年10月14日(金)〜12月4日(日)
月曜(祝日の場合は翌日)休・11月8日(火)は展示替えのため休
開催時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
料金 大人800円、高・大学生400円(通常は大人300円、高・大学生150円)
所在地 千葉県市川市鬼高1-1-3
場所 千葉県立現代産業科学館
電車・バスで JR下総中山駅・本八幡駅から徒歩15分
ドライブで 京葉道路市川ICから5分
駐車場 80台/1時間30分まで無料、以降30分ごとに100円
問い合わせ TEL:047-379-2000/FAX:047-379-2221
公式HP https://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/index.html

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!