房総の絶景紅葉スポット 梅ヶ瀬渓谷(市原市)

市原市にある梅ヶ瀬渓谷は養老川支流・梅ヶ瀬川の渓谷で、両岸には梅ヶ瀬層と呼ばれる高さ30m~50mの浸食崖が続いています。九州高鍋藩(宮崎県)出身の教育者・日高誠実がこの地に隠棲したのち渓谷沿いに400株の梅を植え、梅ヶ瀬書堂を開校したため、梅ヶ瀬の名があります。紅葉シーズンには渓谷が赤く染まるほどの絶景が。

千葉県随一というモミジの名所を探勝

女ヶ倉(めがくら)から日高誠實邸宅跡まで川沿いにハイキングコースになっており、川の中の飛び石伝いに散策することも可能。
日高誠実屋敷跡にはモミジの大木がそびえ、散りモミジの時期には見事な紅葉の絨毯となります。

梅ヶ瀬渓谷
 

梅ヶ瀬渓谷 DATA

紅葉見頃 11月下旬~12月上旬
所在地 千葉県市原市戸面地先
場所 梅ヶ瀬渓谷
電車・バスで 小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩1時間30分
ドライブで 圏央道市原鶴舞ICから30分
駐車場 30台/有料
問い合わせ 市原市観光協会養老渓谷駅前観光案内所TEL:0436-96-0055
関連HP http://www.yorokeikoku.com/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!