上総国分寺

前身は、741(天平13)年、聖武天皇の詔により、国家鎮護のために諸国に建立された国分寺(金光明四天王護国之寺)。往時の上総国分寺は伝承では平将門(たいらのまさかど)の乱で焼亡し、室町時代までに荒廃。現在の国分寺は、元禄年間(1688年〜1704年)に僧快応が再興した真言宗豊山派の寺です。
 

江戸時代に再興の国分寺の後継寺院

本尊が安置される薬師堂

本尊が安置される薬師堂

本尊は薬師如来で、山号も医王山。正式名は医王山清浄院国分寺です。
現存する薬師堂は1716(正徳6)年の建築で、市原市の文化財に指定。江戸時代中期建立の仁王門も市原市の文化財。

境内には1372(応安5)年造営の宝篋印塔もあり、「将門塔」と通称されています。
もとは菊間新皇塚古墳の墳丘上にあって「将門の墓」と伝承されてきましたが、形や刻まれた年号が将門の時代とは不一致です。

仁王門

仁王門

上総国分寺 DATA

名称 上総国分寺/かずさこくぶんじ
所在地 千葉県市原市惣社1-7-23
営業時間 境内自由
電車・バスで JR内房線五井駅東口から小湊鉄道バス国分寺台行き・山倉こどもの国行きなどで市原市役所下車、徒歩8分
ドライブで 館山自動車道市原ICから約4.1km(10分)
駐車場 20台(国分寺駐車場/国分寺西側)/無料

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!