史跡上総国分尼寺跡展示館

市原市役所周辺の台地は古代の上総国(かずさのくに)の政治、文化の中心地。741(天平13)年、聖武天皇の詔によって全国に造営された国分寺(金光明四天王護国之寺)と国分尼寺(法華滅罪之寺)は、現在の市役所周辺で遺構が発見されています。その遺物を展示しするのが上総国分尼寺跡の復元建築のビジターセンターにもなっています。
 

上総国分寺・上総国分尼寺跡出土の遺物を展示

史跡上総国分尼寺跡展示館

上総国分尼寺は、現在確認されている国分尼寺では全国最大規模のもので跡地は国の史跡となっています。
実は古代の上総国は、上野国(かみつけのくに=現・群馬県)、常陸国(ひたちのくに=現・茨城県)とともに親王が国司を務める親王任国。初代の太守(国司)は桓武天皇の第十二皇子・仲野親王(なかのしんのう)だったことからも、奈良の朝廷がいかに上総国を重要視していたかがよくわかります。

展示館では、国分寺・尼寺跡出土の遺物、国分尼寺のジオラマ模型などを展示。
館内では、仏教伝来から、仏教の国教化、聖武天皇の政策、そして国分寺、国分尼寺建設へのプロセスがよくわかり、社会人には社会科の復習できる地として、受験生には古代史の基本を押さえるスポットとして、訪れる価値が大。

また周辺には上総国分尼寺の中門、中門と金堂を結ぶ回廊が復元されています。これは、発掘された遺構の真上に原寸大で、奈良時代の建築技法を駆使して往時のままに再現したもの。
上総国分尼寺の復元模型(直径4.5m)を組み込んだ解説のパートでは、液晶ガラスの瞬間的透過により模型と野外の中門・回廊復元建物を直接比較できるようになっています。

古代上総国の国府はどこにあった!?
市原市役所を挟んで反対側に国分寺跡があり、七重塔跡などが残されています。国府(政庁)の遺構はいまだに発見されておらず、古甲遺跡など群本遺跡群(市原市郡本)、村上遺跡群(市原市村上)が国府推定地となっています。また市原市惣社にある戸隠神社が上総国総社と推測されていますが、これも定かでありません。
僧寺跡・国分尼寺跡出土の墨書土器

僧寺跡・国分尼寺跡出土の墨書土器

上総国分尼寺跡に復元された回廊

上総国分尼寺跡に復元された回廊

史跡上総国分尼寺跡展示館 DATA

名称 史跡上総国分尼寺跡展示館/しせきかずさこくぶんにじあとてんじかん
所在地 千葉県市原市国分寺台中央3-5-2
営業時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休業日 月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日休
料金 入館無料
電車・バスで JR内房線五井駅東口から小湊鉄道バス国分寺台行き・山倉こどもの国行きなどで市原市役所下車、徒歩10分
ドライブで 館山自動車道市原ICから約4.1km(10分)
駐車場 25台/無料
問い合わせ TEL:0436-21-7633/FAX:0436-21-7633
関連HP http://www.city.ichihara.chiba.jp/index.html

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!