金谷港で注目! 恋人の聖地「幸せの鐘」モニュメント(富津市)

久里浜港から東京湾フェリーで渡った金谷(千葉県富津市金谷)。
「石のまち金谷」として千葉県で最初に恋人の聖地認定を受けた場所です。
そのシンボル的なモニュメントが金谷港フェリーターミナル横の「幸せの鐘」。

カップルで鐘を鳴らすと永遠の恋が成就!?

金谷港の背後に聳える鋸山(329.4m)は、古刹・日本寺の聖域でもありますが、山頂の富津側は、金谷石の採石場跡。
昭和50年代まで石が切り出されていました。
そんな鋸山の石を使った彫刻が、金谷のあちらこちらに点在しており「石のまち金谷」として知られています。

そんな金谷の表玄関ともいえるのが金谷港。
恋人の聖地「幸せの鐘」モニュメントは、金谷フェリーターミナル駐車場の、夕日が最も美しく見える東京湾側の場所に設置されています。

「夕暮れ時、カップルでこの鐘を鳴らすと永遠の恋が成就するといわれています」とは東京湾フェリーの寺元敏光さんの解説。
こんな、おいしい話を見逃すわけにはいきませんぞ!

DSC08114

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!