第9回ふっつ生のりフェア(富津市)

東京湾で生産される最後の江戸前海苔(えどまえのり)の産地、富津市。初芽生のりはビタミン類や鉄分、紫色素を多量に含んだ風味豊かな健康食ですが産地・富津市でしか味わえない貴重な食材となっています。富津市の3大食イベントの一つである『ふっつ生のりフェア』は今年で9回目。青いのぼり旗の加盟店で、生のりが味わえます!

富津産の一番海苔の新芽海苔を提供

ふっつ生のりフェア

『ふっつ生のりフェア』のこだわりは富津産の一番海苔の新芽海苔を提供すること。地元でもなかなか口にすることができない貴重なもの。
イベント参加店舗ではこの新芽海苔を使った料理を提供、販売を実施します。

生のり料理といえば三杯酢であたえたものや味噌汁、卵焼きがありますが、参加店ではその他様々な料理を提供。
参加店には青いのぼり旗が掲出されています。

ちなみに昨年は海苔の生育不良で『ふっつ生のりフェア』は中止となっています。

ふっつ生のりフェア 生のりフェア 生のりフェア
日程が変更になっています!
2017年1月15日(日)〜2月28日(火)の開催です。

関連記事

テレビで話題! 富津影丸「生のりの佃煮」

ふっつ生のりフェア(富津市) DATA

開催期間 2016年12月15日~2017年3月31日
2017年1月15日(日)〜2月28日(火)の開催に変更となりました。
影丸 富津市青木576-1/TEL:090-3340-7043
生のり佃煮(販売)・のり天(販売)・焼きのり(販売)
★工場見学あり※要問い合わせ
松本屋 富津市富津1909-1/TEL:0439-87-3808
生のり(販売)・味付けのり(販売)・乾燥生のり(販売)
やまたい売店 富津市富津2407-24/TEL:090-9676-5094
生のり(販売)
まごころ一級屋 富津市川名1481-2/TEL:0439-87-5198
生のり(販売)・のりの加工品(販売)★工場見学あり※要問い合わせ
日本料理 鷹 富津市大堀1-16-1/TEL:0439-87-2663
生のりフェアセット・若鶏の梅肉・大葉磯辺揚げ・クリームチーズ磯辺揚げ・生海苔酢の物
おそば髙砂家 富津市大堀84/TEL:0439-87-0297
生のりそば・生のりあられそば
権兵衛 富津市大堀2-19-3/TEL:0439-87-9450
権兵衛チップスのりピザのり・大根べったら漬け・のり雑炊・のり鶏鍋(醤油味)
ひろ寿司 富津市新井78-1/TEL:0439-88-2281
のりの天ぷら・生のり三杯酢
お食事処 さざなみ 富津市富津2654/TEL:0439-27-1673
生のり(販売)・生のり酢の物・生のりラーメン・生のりみそ汁
公園食堂 志のざき 富津市富津2280/TEL:0439-87-2084
生のり三杯酢・のりみそ汁
お食事処 大定 富津市富津2027/TEL:0439-87-2021
カレー揚げのりそば・のり三杯酢・のり佃煮・のり天ぷら
味覚の宿 志ら井 富津市富津26-1/TEL:0120-87-2914
生海苔たっぷり河豚雑炊1
中華料理 雲龍 富津市富津549/TEL:0439-87-6065
生のりラーメン・生のり天ぷら・生のり酢の物
いいのラーメン 富津市上飯野330-3/TEL:0439-87-1535
かずさラーメン
味のかん七 富津市千種新田1164/TEL:0439-65-1417
のり沢山ラーメン・生のり三杯酢
やきとり信ちゃん 富津市千種新田366/TEL:0439-65-1134
生のり唐揚げ丼
寿司・活魚料理
いそね
富津市岩瀬993-4/TEL:0439-65-3535
煮穴子と生のり・の出汁茶漬け・生のりみそ汁・生のり三杯酢
いとや旅館 富津市岩瀬871/TEL:0439-65-1041
カニ入りのりのつくだ煮・のり酢
さとみ寿司 富津市湊832/TEL:0439-67-2233
生のり茶碗蒸し・生のり玉子焼き・生のりかき揚げ・生のり酢の物
いこい食堂 富津牛湊664/TEL:0439-67-0231
生のりラーメン・生のりぽん酢
ぼんぼん亭 富津市湊227-1/TEL:0439-67-0928
生のり御膳
和風料理 宮島 富津市海良115-2/TEL:0439-67-1178
生のり三杯酢生のりかまぼこ
かぢや旅館 富津市金谷3887/TEL:0439-69-2411
生のり三杯酢
公式HP http://www.futtu-city.or.jp/ibento/namanori20/#namanori

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!