マザー牧場で『秋フェス』開催中! 

東京湾を眼下にする鹿野山(かのうざん)のマザー牧場。2017年9月9日〜11月26日まで『秋フェス2017』を開催中。サルビアやコスモスが真紅やピンクの花をつけ、羊や牧羊犬と記念撮影も可能。さらに21mの高さから飛び降りる「ファームバンジー」、九十九谷を眺める全長340mの空中散歩「ファームジップ」も楽しめます。

実は秋に注目のマザー牧場

1万平方の広大な「花の大斜面・西」を200万本のピンクの花が彩るコスモス。
「実はマザー牧場は、東京湾に面して、台風など吹き上がる風の影響を受けやすい環境にあります。ですから、種をまくのをギリギリまで遅くして、コスモスの丈が短いのがマザー牧場の特長です」
コスモスの見頃は、10月上旬~10月下旬です。

「花の大斜面・東」では、30万本のサルビアが、真っ赤なじゅうたんのように咲き揃い、こちらも壮観!
「昨年からは牧場本来の原種に近い種を自家採種して、昔ながらの膝丈ほどある大きさのサルビアの景色を復活させようとしています」
とのことで、こちらも、今後の展開に目が離せません。

サルビアの見頃は、コスモスより少し早めで、9月上旬~10月中旬頃。

以下の画像は、2017年10月10日〜11日に実施の「アクアラインイースト取材会」の模様です。
(取材日/2017年10月10日)

マザー牧場新アクティビティ、ジップライン&バンジージャンプ

マザー牧場で、今注目のアクティビティが、「山の上エリア」のバンジータワーを使ったバンジージャンプとその横に設置のジップライン。
東京湾を見下ろす絶景を眺めながら、21mを落下するバンジージャンプ、全長340mのワイヤーロープをハーネス付きの滑車で滑空するジップラインは、人気絶大。
「比較的午後は混み合いますので、午前中の体験がおすすめ」とのことです。
入園したらまずジップラインというのが手でしょう。

以下の画像は、2017年10月10日〜11日に実施の「アクアラインイースト取材会」の模様です。
(取材日/2017年10月10日)


 

マザー牧場で『秋フェス』開催中!  DATA

開催日 2017年9月9日(土)〜11月26日(日)
公式HP マザー牧場公式ホームページ
所在地 千葉県富津市田倉940-3
場所 マザー牧場
駐車場 4000台/有料
問い合わせ TEL:0439-37-3211/FAX:0439-37-3211

TOP画像の撮影/熊山准
取材協力/アクアラインイースト観光連盟、東京湾フェリー、マザー牧場

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!