和蔵酒造竹岡蔵で『蔵見学(仕込みシーズン)』

富津市南部にある湊川の河口に蔵を構える和蔵酒造は明治7年創業の老舗の酒蔵。東京湾のすぐ眼前、上総掘りの深井戸から湧く硬水で仕込まれた清酒は、淡麗の中にも旨味があります。米の旨みを生かすとともに、料理の邪魔をしない包容力のある清酒造りが和蔵酒造のモットー。冬期間は仕込みの蔵見学も可能です。

「聖泉」の仕込みを見学

手作りの姿勢は「手間を惜しまない」、「基本に忠実」、「手造りであること」。文化としての酒造りも見どころの一つです。11月から3月まで「聖泉」の仕込みが行なわれます。
酒造期(12月〜3月)は酒造工程の説明、見学、試飲を楽しむことができます。
本来、地酒を醸す酒蔵は、工場見学を拒む場所が多いのですが、「日本酒がどうやって作られているかをしっかり見てもらって、日本酒に親しんで欲しい」という池田亨社長の願いもあって、ここ和蔵酒造では工場見学を受け入れています。衛生管理、対応の問題などから少グループ限定、事前予約で受け入れ。

平成の合併で生まれた和蔵酒造
富津市にある明治7年創業の「池田酒店」と君津市にある江戸末期創業の「原本家」が平成18年に合併して和蔵酒造が誕生。「池田酒店」は竹岡蔵として和蔵酒造の清酒部門を担当、原本家(「貞元蔵」)は焼酎やリキュール部門を担っています。訪問にあたっては場所を間違えないよう注意が必要です。
wakura02

和蔵酒造竹岡蔵で『蔵見学(仕込みシーズン)』 DATA

開催日 11月~3月、日曜・祝日休、土曜不定休
開催時間 9:00〜17:00、要予約
料金 見学無料
所在地 千葉県富津市竹岡1
場所 和蔵酒造 竹岡蔵
電車・バスで JR内房線上総湊駅から徒歩15分
ドライブで 館山自動車道富津中央ICから10分
駐車場 5台/無料
問い合わせ TEL:0439-67-0027/FAX:0439-67-1423
関連HP http://www.chiba-sake.jp/kazusa/takeoka/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!