黄金鯵の握りは絶品! 地魚回転寿司「船主総本店」(金谷港)

東京湾フェリーの出航する金谷港フェリーターミナルにほど近い国道127号フェリー南入口交差点前に建つ「船主総本店」。
東京湾で揚がる地魚にこだわった回転寿司店で、ランチに絶好の店です。

funaosa02
↑旬の地魚を注文したい!

注目はやはり黄金鯵と「又木の金目」

エンザラ、アカサバ(赤鯖)、赤ヤガラ、カガミダイ、コショウダイと聞き慣れない魚がオンパレード。
「季節ごと、そして日によって仕入れる地魚は違うので、『おすすめ札』を見て選んで下さい」とのこと。

ちなみにエンザラは、館山沖の水深150mで釣れる金目鯛漁で揚がる真っ黒な魚。入手困難なため幻の魚と呼ばれることも。
正式名はクロシビカマスで、「脂が乗った白身で美味い」と釣り人も絶賛の味。これが札にあったら迷わず注文を!

赤サバは、正式名はハチビキ(葉血引)。水深100〜300mに生息するがやはり地元だけで流通する魚。マグロのような赤い身が特長。
赤ヤガラは南房総の浅い岩礁で獲れる高級魚。矢柄、つまりは矢の棒状の長い部分のように細長い魚という意味。それでいて頭の部分が多いので身がたくさんとれない(寿司屋の話だと可食部は3分の1ほどだとか)ので、寿司屋泣かせの魚のようです。

カガミダイは、金属で作った古代の鑑(かがみ)に形と色合いが似ているため。近縁のマトウダイと似ているが、味は変わらないのに浜値が安いので、寿司屋で味わうにはありがたい魚。

コショウダイは、「船主総本店」では小庄鯛とも記していますが、コショウの身のような小さな黒い点が散らばってるため胡椒鯛と呼ばれる魚。
「下魚扱いされていますが、めちゃくちゃ美味い魚」(地元の漁師の話)とのことで、こちらも見逃せません。

funaosa03
↑店内には生け簀も設置

それでもイチオシは「黄金鯵」。
金谷漁港の近海で獲れる鯵のこと。われらがプレスマンユニオンのメンバーでもある板倉あつしが『いきなり! 黄金伝説。』で、同じ金谷港の「さすけ食堂」のアジフライを紹介したところ、連日の大行列となりましたが、黄金鯵は当然、握りにしても美味い!
旬は、6月〜8月。

金目鯛も注目。「又木の金目」と呼ばれ築地市場でも高値で取引されているブランド金目鯛。旬は、12月~2月。

黄金鯵の握り
↑これが大注目の黄金鯵の握り

DSCN0656_5632DSCN0656
 

地魚回転寿司 船主総本店 DATA

名称 船主総本店
所在地 千葉県富津市金谷2288
営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00(土・日曜、祝日は11:00〜21:00)
休業日 水曜休(祝日、繁忙期は営業)
地図
電車・バスで JR浜金谷駅から徒歩5分
ドライブで 富津館山道路富津金谷ICから5分。または、東京湾フェリー金谷港からすぐ
駐車場 200台/無料
問い合わせ TEL:0439-69-2161/FAX:0439-69-2261

金谷の「黄金鯵」は6月〜8月が旬!

2016.05.20

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!