三条塚古墳

千葉県富津市にある墳丘長122mという巨大な前方後円墳。内裏塚古墳群(だいりづかこふんぐん)のなかで、内裏塚古墳に次ぐ大きな古墳で、周囲に二重の周濠を巡らせ、周濠部を含めた全長は193mにも達します。江戸時代には三条塚古墳を取り込むように飯野藩の藩庁である飯野陣屋が築かれています。

飯野陣屋の三の丸内に取り込まれている巨大な古墳

三条塚古墳を城郭内に取り込んだ飯野陣屋

墳丘の東半分は幕末に藩校「明進館」建設のために大きく削られているものの、往時の姿をよく残しています。
昭和64年の調査では、未盗掘である横穴式石室が発見されています。
部分的な発掘で、成人男性1体、小児1体、幼児1体の人骨と、小型鏡、直刀、鉄鏃、金銅製耳輪、馬具、ガラス玉、須恵器などが出土しています。

調査では埴輪が発見されなかったことから、6世紀末、前方後円墳最終段階に築造された古墳だと推測されています。
墳丘長122m(後円部径57m、前方部幅72m)、前方後円墳最終段階の古墳としては吾妻古墳(墳丘長127.85m)に次いで東日本第2位であることから、古代に一帯を統治した須恵国造(すえのくにのみやつこ)の墳墓とも推測できます。

 

三条塚古墳 DATA

名称 三条塚古墳/さんじょうづかこふん
所在地 千葉県富津市下飯野
電車・バスで JR青堀駅から徒歩20分
問い合わせ 富津市教育委員会TEL:0439-80-1340

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!