吾妻神社『馬だし祭り』(富津市)

日本武尊の身代わりとして、走水に入水した弟橘媛(おとたちばなひめ)の遺品を祀ったのが始まりと伝わる古社、吾妻神社。『馬だし祭り』は、神社の神霊を馬上に移して、若者が馬の手綱をつかみ砂浜を駆け回る勇壮な神事です。毎年、敬老の日の前日の日曜に斎行されます。

神馬の鞍に神霊である幣束をつけ海岸を疾走

岩瀬海岸で「馬だし」神事が行なわれるところから『馬だし祭り』と呼ばれ、毎年大勢の見物客で賑わいます。

「オメシ」と呼ぶ神馬の鞍に神霊である幣束をつけ、2人の青年が手綱をもち馬の両脇にしがみついて砂浜を疾走します。
「オメシ」(神馬)は、神事の7日前から毎朝海水で洗って「垢離とり」をし、祭礼に備えます。
「オメシ」(神馬)は、神輿(みこし)に先立って神社から下山し、海岸を疾走した後、弟橘媛(おとたちばなひめ)の遺品の漂着地と伝える地点に着くと背の御幣をおろし、その地に埋納します。
その後、「オメシ」(神馬)は神社に戻り、神輿が海に入る「お浜出」が行なわれます。
「馬だし」神事に使われる正神馬装具(白羽二重絹地製厚布団風ミクラ等21点)、副神馬装具(ミクラ布団など23点)、神馬の幣2座、神馬を描いた絵馬2面は、千葉県の文化財に指定されています。

東京湾各地に残る弟橘媛の入水伝承

日本武尊が東征の折、現在の東京湾を渡る際に海が荒れて渡ることができません。その際、妃である弟橘媛(おとたちばなひめ)は、海神の怒りを解き海を鎮めるために自ら走水(現・横須賀市走水)の海に入水し、命を絶ちました。

弟橘媛の遺品は、対岸の岩瀬の布引きの浜(現・富津市)に打ち上げられ、どこからともなく一頭の馬が出現。弟橘媛の遺品をくわえると、吾妻神社に上っていったと伝えられています。

馬だし祭においても、かつては対岸の横須賀市の走水神社(祭神は弟橘媛)の氏子が海岸に出てお浜降りの提灯を望見し「上総の吾妻様がお立ち帰り」といって遙拝するのが習わしだったとか。東京湾を隔てた2つの神社に残る弟橘媛の伝承というわけです。また東京湾では、弟橘媛の袖が流れ着いたのが袖ヶ浦ともいわれています。

弟橘媛の伝説と祭神とする神社は上総国には数多いのですが、富津の吾妻神社はそれを代表する社。
吉野郷といわれた、上・近藤・八田沼・絹・西大和田・中・岩瀬の旧7ヶ村の鎮守。五穀豊穣・海の安全・大漁祈願の祭礼でもあります。

『日本書紀』によれば、東国遠征の帰途、日本武尊は碓氷嶺(長野県・群馬県県境の碓氷峠)の頂に立った際、弟橘媛を偲んで、「吾妻(あづま)はや」と嘆いたとされています。これが吾妻の由来で、関東周辺を「あづま」と呼ぶのはこの故事に由来するとも。
群馬県には吾妻郡、嬬恋村などそれを裏付ける地名も残されていますが、『古事記』には「吾妻はや」と嘆いたのは碓氷嶺ではなく、足柄峠下の坂本とされています。

旧碓氷峠の群馬側に鎮座する熊野神社の境内にある吾嬬者耶(あずまはや)詠嘆の地碑

旧碓氷峠の群馬側に鎮座する熊野神社の境内にある吾嬬者耶(あずまはや)詠嘆の地碑

吾妻神社 馬だし祭り DATA

開催日 2016年9月18日(日)
開催時間 岩瀬海岸神馬疾走14:30~16:30
所在地 千葉県富津市西大和田98(吾妻神社)
場所 吾妻神社、岩瀬海岸
電車・バスで JR大貫駅から徒歩10分で岩瀬海岸。徒歩30分で吾妻神社
ドライブで 館山自動車道富津中央ICから10分
問い合わせ 富津市商工観光課TEL:0439-80-1291

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!