稲毛記念館

稲毛海浜公園にある記念館で、1階休憩室にある常設展示「稲毛の暮らし移りかわり」では、昔からリゾート地だった稲毛海岸の様子を解説。3階には展望室が設けられています。さらに日本庭園と茶室を併設。
 

千葉最初の海水浴場開設、療養の地・稲毛の歴史を学ぼう

 

稲毛の歴史が展示解説されています

稲毛の歴史が展示解説されています

 
明治時代に千葉町が急速に発展し、明治21年、稲毛に県内初の海水浴場が開設されました(日本初の海水浴場は、明治18年開設の大磯海水浴場)。昭和36年に始まった海岸の埋め立てまで、海岸線は今より3kmほど内陸にあったのです。

明治21年に誕生した海水浴場も、レジャー施設ではなく、「稲毛海気療養所」という療養施設の一部。海水浴(海水泳ではありません)や砂浴による健康回復を目的にしていました。当時は、「汐あみ」、「汐湯治」と呼んでいたのです。

宿泊施設「海気館」が設けられ、島崎藤村、徳田秋声、田山花袋の文豪の定宿となりました。稲毛浅間神社境内脇に建つ旧神谷伝兵衛稲毛別荘(大正7年築)は、浅草の「神谷バー」、牛久のシャトーカミヤの創業者でもある明治の実業家・神谷伝兵衛の別荘です。かつての神谷伝兵衛の別荘は、現在「千葉市民ギャラリー・いなげ」として再生されています。また「千葉市ゆかりの家・いなげ」は、昭和12年、中国・清朝の「ラストエンペラー」として知られる愛新覚羅溥儀の実弟・る溥傑夫妻が、半年ほど新婚生活をおくった建物です。
 

稲毛記念館 DATA

名称 稲毛記念館/いなげきねんかん
所在地 千葉県千葉市美浜区高浜7-2-3
公式HP http://www.cga.or.jp/004013/
電車・バスで JR稲毛駅西口から海浜交通バスで海浜公園行き15分、終点下車、徒歩5分。または、JR稲毛海岸駅から海浜交通バス海浜プール入口行き10分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 東関東自動車道湾岸千葉ICから約6.9km(16分)。湾岸習志野ICから約9.1km(19分)。または、京葉道路幕張ICから約8.3km(20分)
駐車場 稲毛海浜公園第1駐車場(550台)・第2駐車場(462台)/有料
問い合わせ TEL:043-277-4534/FAX:043-277-4688

千葉市ゆかりの家・いなげ(愛新覚羅溥傑氏仮寓)

2016.12.20

旧神谷伝兵衛稲毛別荘(千葉市民ギャラリー・いなげ)

2016.12.20

稲毛浅間神社

2016.12.20

稲毛海浜公園

2016.12.20

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!