東京水辺ライン両国発着場

都立公園を管理する東京都公園協会が運航する水上バスが「東京水辺ライン」。両国発着所をメインポートにして、浅草(二天門)からお台場海浜公園を結ぶ「浅草・お台場クルーズ」、葛西臨海公園まで足を伸ばす「葛西・浅草クルーズ」、そして葛西臨海公園とお台場海浜公園を結ぶ「葛西・お台場周遊」がメインの運航ルート。

両国国技館前で発券

まずは航路をチェック

発券所裏が隅田川で桟橋が

寄港地が多いのが特長なので、事前にじっくりと運航ルートの確認を

東京水辺ラインの運航する水上バスの特長は、両国が起点となること、浅草は二天門の桟橋に寄り道すること、さらに寄港する桟橋が多いこと。加えて、ホテルのブッフェや浅草の老舗など、下船後のランチやディナーとセットのお得な乗船プランが用意されていることです。

浅草・お台場クルーズでも、定期便だと浅草(二天門)のほか、お台場海浜公園まで往復に越中島、明石町・聖路加ガーデン前、浜離宮に寄り道する便も用意されています(通過便もあるので、乗船前に時刻表で確認を)。

さらに臨時便になると墨田区吾妻橋、桜橋に寄り道する船があるなど、まさに公共の水上バスといった感じ。
両国〜浅草(二天門)〜お台場海浜公園は、55分ほど。両国〜浅草(二天門)〜葛西臨海公園は2時間弱の行程です。
両国〜浅草(二天門)は10分ほどで、両国〜浅草間だけの乗船ももちろんOK。

両国で乗船して、越中島下船、あるいは明石町・聖路加ガーデン前下船なんて利用法もできるので、使い方次第ではユニークな移動になること確実。デートなどにも十分活用できるはず。

使用する船は、定員140名(船内座席数54席)の「さくら」、「あじさい」と、定員200名(船内座席数130席)の「コスモス」の3隻。
定員65名(船内座席数39席)の「カワセミ」は、日本橋にも立ち寄るユニークな運河遡上タイプの船。
日本橋上下船の「日本橋川・神田川めぐり」というまさに東京運河クルーズにも就航しています(運航日が限られるので東京都水辺ラインの公式HPを参照)。

浅草お台場クルーズ

お台場海浜公園桟橋に入港

東京水辺ライン両国発着場 DATA

名称 東京水辺ライン両国発着場/とうきょうみずべらいんりょうごくはっちゃくじょう
所在地 東京都墨田区横網1-2-15
公式HP https://www.tokyo-park.or.jp/waterbus/
電車・バスで JR総武線両国駅西口から徒歩3分。都営大江戸線両国駅A3出口から徒歩6分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 東京都公園協会東京水辺ラインTEL:03-5608-8869(9:00~17:00)/FAX:03-5608-8735

東京水辺ライン 葛西臨海公園発着場

2017.01.09

東京水辺ライン お台場海浜公園発着場

2017.01.08

東京水辺ライン 浅草(二天門)発着場

2017.01.08

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!