東京都観光汽船日の出桟橋

東京港の日の出桟橋から、浅草(浅草営業所)、お台場海浜公園、東京ビッグサイト、パレットタウン行きが出航。現在の東京都観光汽船のフラッグシップは「ホタルナ」で、浅草〜日の出桟橋〜お台場海浜公園を結ぶ航路に就航しています。日の出桟橋のターミナル施設にはカフェと軽食販売のエアストリームを併設。
 

日の出桟橋へは浜松町から徒歩でのアプローチが一般的

豆にこだわったコーヒーなどを販売する「TOKYO CRUISE CAFE」(トウキョウクルーズカフェ)、ボートドッグを売るキャンピングトレーラー「エアストリーム」を併設。東京都観光汽船ではもっとも乗降客が多いターミナルらしい雰囲気になっています。

東京港のルーツは日の出ふ頭
東京港が誕生したのは、実は関東大震災がきっかけ。それまでは沖合に船を停泊して、艀(はしけ)を利用して荷を降りしたり、積んだりしていました。港湾の機能が見直されたのは関東大震災。陸上交通網の崩壊により東京港の重要性が認識され、最初の近代的ふ頭として大正14年に完成、大正15年3月に供用が開始されたのが日の出ふ頭です。日の出桟橋からレインボーブリッジにかけては、古い歴史を有する貨物上屋(かもつうわや)が建ち並んでいます。
ちなみに芝浦ふ頭が完成したのは昭和7年、竹芝ふ頭は昭和9年で、東京港の開港は、昭和16年5月20日です。

日の出ふ頭
日の出ふ頭
日の出ふ頭


 

東京都観光汽船日の出桟橋 DATA

名称 東京都観光汽船日の出桟橋/とうきょうとかんこうきせんひのでさんばし
所在地 東京都港区海岸2-7-104
公式HP http://www.suijobus.co.jp/
電車・バスで ゆりかもめ日の出駅から徒歩2分。JR浜松町駅から徒歩8分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:0120-977-311/FAX:03-5733-4814

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!