【除夜の鐘&初詣】持宝院・砂町大師(江東区)

地元では砂町大師と呼ばれ、「関東四大師に数えられている」とされるのが真言宗智山派の薬光山持宝院。例年、近くにある砂町銀座商店街による甘酒の無料接待も行なわれます。大晦日には除夜の鐘を撞くことができます。

除夜の鐘は、23:30から撞き始めます

除夜の鐘は、23:30から撞き始め、108人までは住職から御札を授けてもらえます。遅くとも23:00頃までには並びましょう。
ちなみに関東厄除け三大師は、弘法大師(空海)を祀る真言宗の寺で、西新井大師、川崎大師、観福寺大師堂(香取市牧野)の3寺。これに砂町大師を加えて「関東四大師」というのが地元、砂町の解釈です。

亀屋三好堂の「砂町大師」
砂町銀座の「亀屋三好堂」(東京都江東区北砂5-1-28)には卵、砂糖、バターミルクでつくった生地に、栗きんとん餡を包み、中央に黒ゴマを付けて焼き上げた「砂町大師」もあります。当主の三好正夫さんは「江東区 優秀技能者」。毎日作り続けている「のし餅」も人気です。

【除夜の鐘&初詣】持宝院・砂町大師(江東区) DATA

所在地 東京都江東区北砂4-22-6
電車・バスで 都営新宿線西大島駅A4出口から徒歩18分。東京メトロ東西線南砂町駅2b出口から徒歩18分
問い合わせ TEL:03-3644-6974

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!