【初詣】深川不動堂

大日如来の化身といわれる不動明王は、右手に剣、左手に羂索を握りしめ、そのパワーで煩悩を抱える衆生を救ってくださる明王。深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院で、本尊は空海自刻という新勝寺の分霊を勧請した、分身。

1月1日には『修正会元朝大護摩供』

 

深川不動堂
深川不動堂
 
成田山の不動信仰は、江戸時代にブームがおこり、1703(元禄16)年、本尊の不動明王像を成田山から運び、初めての出開帳が富岡八幡宮の別当寺・永代寺で行なわれました。以来、講社が結成され、出開帳はたびたび行なわれましたが、明治14年に東京別院として、深川不動堂が建立されたのです。

1月1日には0:00〜『修正会元朝大護摩供』(僧侶が総出仕し、天下泰平・五穀豊穣、信徒・参詣者の開運成就を祈念する、新年一番の大護摩供)が行なわれます。

深川不動堂

深川不動堂 新春(1月〜2月)のおもな行事

12月28日=『納め不動』。毎月28日は不動明王の縁日ですが、年内最後の縁日が『納め不動』で、お納め札の特別法楽が厳修されます。
1月28日=『初不動』。年の初めの縁日が『初不動』。境内旧本堂正面にて特別法楽が厳修されます。
2月3日=『星まつり祈祷会』。空海が日本に伝えた密教の修法「星供法」によるご祈祷。個人の宿命星の星回りからくる災厄を取り除いて福徳を招きます。
2月15日=『開運出世稲荷例大祭』。開運出世稲荷社において特別の法楽を奉修し、開運招福を祈念した赤札が特別に授与されます。

深川不動堂 DATA

所在地 東京都江東区富岡1−17−13
公式HP http://www.fukagawafudou.gr.jp/
電車・バスで 東京メトロ東西線門前仲町駅1番出口から徒歩1分。都営地下鉄大江戸線門前仲町駅6番出口から徒歩5分
問い合わせ TEL:03−3641−8288/FAX:03−5245−2728

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!