房総の絶景紅葉スポット 粟又の滝(大多喜町)

房総一を誇る名瀑が養老渓谷の粟又の滝。正式名は高滝(たかたき)で、落差30m、幅30m、延長100mのなめ滝。滝周辺は新緑、紅葉の名所で、日本一遅い紅葉がキャッチフレーズの房総半島らしく、見頃は例年11月下旬〜12月上旬頃。
 

渓谷沿いに茂る落葉広葉樹が見事に色づく

awamatafall02
 
粟又の滝から下流にある小沢又の滝付近までの全長2kmの粟又の滝自然遊歩道も整備され、紅葉散策には絶好のハイキングコースになっています。
カエデやウルシ、コナラ、ウルシ科のヤマハゼ、イロハモミジなどの落葉広葉樹が多いので、見事な紅葉を演出します。
養老渓谷一帯は気候的には照葉樹林帯になのですが、崖や細い尾根が多い地形を反映して、さまざまな落葉広葉樹も生育しているのです。
紅葉の見頃に合わせて、探勝バス(上総中野駅~粟又間)も運転されています(小湊バス大多喜車庫TEL0470-82-2821)。

awamatafall03

粟又の滝 DATA

紅葉見頃 11月中旬~12月上旬
所在地 千葉県夷隅郡大多喜町粟又地先
場所 粟又の滝
電車・バスで 小湊鉄道養老渓谷駅から小湊鉄道バス粟又の滝・上総中野駅行きで26分、粟又の滝下車
ドライブで 首都圏中央連絡自動車道木更津東ICから約27.9km(58分)
駐車場 37台(粟又駐車場)/1回500円
問い合わせ 大多喜町観光協会TEL:0470-80-1146
関連HP http://www.town.otaki.chiba.jp/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!